ユークロマプラスでシミ、ニキビ跡除去が医薬効果証明された驚きの効能!

媚薬皮膚科も大注目

ユークロマプラスには、あの話題のシミ、肝斑(かんぱん)、ニキビ跡消しのハイドロキノンとトレンチノイン配合のクリームです。

シミ、肝斑(かんぱん)、ニキビ跡が消えるとして、米国から人気に火が付いた話題の 「ハイドロキノン」「トレンチノイン」が配合された「ユークロマプラス」です。

初代は「ユークロマ」という漂白効果のみの「ハイドロキノン」を配合した商品でした。
これに「プラス」として「トレンチノイン」が追加配合されたのが、「ユークロマプラス」です。
シミ、肝斑(かんぱん)ニキビ跡消し効果を強力にした医薬品クリームです。

これが海外輸入通販で安価購入できます。

「ハイドロキノン」と「トレンチノイン」の2つの効果

海外通販サイトならば⇒こちら三越屋から

ユークロマプラスはシミ、ニキビ消し効果が医学証明されたクリームです。

ユーロクマプラスの対象範囲は、 シミ、肝斑(かんぱん)、ニキビ消しへの効果

*男女兼用可能。

若い頃の日焼けによるシミ、肝斑(かんぱん)、ニキビ跡が残るようになってきた。
年齢とともに黒いシミが残るようになってきたのではないでしょうか?

皮膚は太陽光(紫外線)をあびると「活性酸素」により「メラノサイト」が活発になります。
「メラノサイト」は「メラニン」を活発に生成します。
若い頃は容易にメラニンの排出が出来ましたが、ご年齢と共に「しみ」として定着しやすくなります。

お肌の薄黒いメラニン色素

肩の辺りは普段見えないですが、化粧を落とすとシミ?肝斑(かんばん)が目立つようになってないですか?普段は化粧でカバーしていますが、若いころのニキビ跡も何とかしたい。
美容整形でレーザー治療も考えましたが、怖いし安くはないので躊躇(ちゅうちょ)しますね。

ユークロマプラスはニキビ跡を除去にも有効が可能です。
男女兼用でご利用いただけます。

シミ、ニキビ跡が消えるとお肌の質感が全く異なりますね

ユークロマプラスは毎日塗布する面倒な手間はあります。
ですが、確実に効果があります。

ユークロマプラスでニキビ跡も無理なく薄くできます。

ユークロマプラスは、女性のニキビ跡も綺麗に出来ます。
ユークロマプラスは、男性のニキビ跡も綺麗に出来ます。

ユークロマプラスは、時間がかかりますが自然と薄くなってきます。

ユークロマプラス以外での費用比較

 総合点治療期間必要費用/月総額費用
ユークロマプラス

95点

1~3か月

1,500円

4,500円

皮膚科のレーザ

40点

1ヵ月~1年

2~10万円

11~38万円

皮膚科の塗り薬

80点

1~6ヵ月

5,000円

1~2万6千円

ユークロマプラスとクリニック等との単純比較です。

レーザ治療は実際の処置時間は短時間でレーザを当てて強力にシミ等を取り除きます。
効果と費用は高くなります。また、お肌へのダメージも大きなものになります。

ユークロマプラスや皮膚科の塗り薬ですと毎日処置が必要ですので手間がかかります。
ですが、皮膚へのダメージは最小限に抑えられます。

レーザ治療は効果があります。
ですが、費用もかさみますし、皮膚へのダメージも大きいのが難点ですね。

ユークロマプラスは皮膚の深層にあるメラニン細胞を浮き上がらせます。
新陳代謝を促進させ、古い黒い角質を除去します。
ですので、無理なくシミ、肝斑(かんぱん)、ニキビ跡除去ができるのです。

皮膚科以外の美白美容製品は効果ある?

医学的に効果のある「ハイドロキノン」「トレンチノイン」が配合された医薬品が海外輸入通販では数百円/本から購入出来ます。

ドラッグストア等で、美白化粧品を手に取った時は製品の成分表をよく見てください。
美白効果を歌っている製品広告の多くは医学的根拠がない、又は効果が不十分な物が多いかと思います。
「XXX特許」や「○○の推薦」は必ずしも医学的に根拠がある訳ではありません。
「▲▼▲特許」も申請中だけであったり、本来の美白とは直接関係のない特許が「これみよがしに」優れた効果があるような広告になっています。
ユークロマプラスのように「ハイドロキノン」「トレンチノイン」の医学根拠のある成分の製品は国内では広告規制がありますので、皆さまお目につく機会は少ないと思います。

A〇azon等の大きなECサイトでもユークロマプラスのような医薬品の入手は出来ません。
一般的なECサイトは薬機法上を遵守するため、医薬効果が高い製品の販売は出来ません。
*是非、薬効成分をネット検索してみてください。

通常は「ハイドロキノン」「トレンチノイン」はクリニックの処方箋が必要です。
ですが、同成分配合の「ユークロマプラス」が海外輸入通販で安価購入が可能です。

ユークロマプラスはどのような効果があるの?

「ユークロマ」の進化版「ユークロマプラス」ですが追加成分は「トレンチノイン」。
「ハイドロキノン」+「トレンチノイン」がユークロマプラスです。
ユークロマプラスに配合された以下の2つの成分

ユークロマプラスの2つの医薬成分
①ハイドロキノン(メラニンを作りにくくし、漂白する)
②トレンチノイン(メラニン角質をはがし、皮膚の再生を促す)
*補助成分:モメタゾンフランカルボン酸エステル

まずは、これまでのユークロマ成分の「ハイドロキノン」は、効果は「シミ」の原因のメラニン色素を「作らせなくする」働きがあります。

ハイドロキノンはメラミンを作る酵素(チロシナーゼ)を阻害し、漂白効果もあります。
*メラノサイトの働きを弱めます。
ハイドロキノンだけです治療に時間がかかりました。
皮膚の自己修復(ターンオーバー)を待つ必要があり治療に時間が掛かりました。

そこでユークロマ「プラス」として「トレンチノイン」の成分が追加配合され、メラニン色素の角質をはがし強制的に排除できるようになりました。

つまり、トレンチノインが、皮膚の新陳代謝を速め「ターンオーバー」を速めてくれます。
皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)周期は28日と言われています。
トレンチノインで新陳代謝を高め、ハイドロキノンでメラニン色素を漂白します。

ユークロマプラスの成分(「ハイドロキノン」「トレンチノイン」)は刺激が強めですので、
「モメタゾンフランカルボン酸エステル」 成分が炎症やアレルギーを抑える働きもあります。

強制的にお肌の新陳代謝を速めるのが「トレンチノイン」の医薬成分です。

お肌の代謝が促進されるので「小じわ」の除去にもつながります。

肌の新陳代謝(ターンオーバー)周期は28日

そして「ハイドロキノン」がメラニン色素に充分届きやすくなりました。
「トレンチノイン」によりニキビ跡の除去も容易になりました。

よく美白用の化粧品に含まれている「アルブチン」の約100倍の効果と言われています。

トレンチノインは米国ではシワやニキビの治療薬として米国FDA(日本でいう厚生労働省)の認可が得られています。
米国でもお肌の若返りクリームとして人気の商品です。

ユークロマプラスにも副作用はあります。

副作用としては、皮膚が弱い方は皮膚炎を起こす場合が稀にあります。
トレンチノイン成分はより効果的にシミやニキビ跡を除去する反面、塗ったところが少し紅くなったり、敏感となりヒリヒリとする場合もあります。

お肌が弱い方は刺激により肌荒れを起こす可能性があります。
ですので、いきなり肌にテストを行うのではなく、腕の内側などテストを行い、炎症や肌荒れの程度を必ず確認してください。

注意点としてはユークロマ(プラス)を開封後は早めにご利用ください。
きっちりとチューブの封をしっかりし、冷蔵庫で保管すると良いでしょう。

初めは塗布箇所は小さい範囲で徐々に広げていくと良いです。

ユークロマプラス治療期間

シミ、肝斑(かんぱん)、ニキビ跡などの程度によりますが、1ヵ月を一つの目安としてください。

長期間継続すると耐性がでてきて薬が行きにくくなりますので、3ヵ月に1度はお肌を休ませるとより効果的です。
効果が見えてくる単位は1週間程度です。

効果に目安は1週間

*1ヵ月継続したが何の反応もなかった方はユークロマプラスが効きにくい体質です。

ユークロマプラスの効果的な使用方法

ユークロマプラス成分の「ハイドロキノン」と「トレンチノイン」は効果的なシミ、肝斑(かんぱん)、ニキビ除去が可能ですが、お手間をかけるとより一層効果的です。

①ユーロクマプラスと洗顔について

ユークロマプラスの利用中は皮膚が敏感になっております。
低刺激の石鹸を、しっかりと泡立ててから、皮膚を強く擦(こす)らないようにお洗い下さい。

洗顔後は顔の油分が無くなるため薬効成分が吸収されやすくなり、効き過ぎる場合があります。

小さい範囲から試し、副作用が強い場合は化粧水、保湿クリームなどで肌の油分を軽く与えてからご利用ください。

②ユークロマプラスの使い方

シミ、ニキビ跡の部分のみに利用し顔全体など、広く塗りこまないでください。
少量を指にとり「擦(こす)らない」ように、例えば綿棒のようなモノで軽く塗ります。

*ユークロマプラスを顔全体に塗布すると顔全体が紅くなってしまう可能性があります。

③ユークロマプラスの使用回数/日

ユークロマプラスの塗布頻度は1日1回から初めてください。
お肌の状況に応じて散布回数を増やしてください。副作用を強く感じた場合は2日/度など調整をして下さい。

ユークロマプラスの日ごろの注意点

ユークロマプラスの利用中は、塗ったところの皮膚が非常に弱くなっています。

太陽(紫外線)を浴びると紫外線の影響を強く受けます。
場合によっては、余計にシミが濃くなったり、ニキビが悪化する事もあります。
治療中の外出(日中)には日焼け止めをご利用してください。
*SPF30、PA++以上

・皮膚は弱く乾燥しやすい状態ですので、保湿クリームなどでしっかりケアをして下さい。
・クリームが手についた状態で目等、他の箇所を触れないようにして下さい。

ユークロマプラスで治療中の肌は非常に抵抗力が弱くなっています
日焼け止めとケアを小まめにして下さい。

ユークロマプラスで効果が出にくい対象

・先天的な黒いアザやほくろ。
・いぼ状の硬いシミ。
・加齢により盛り上がった茶色いろのこぶ状のモノ。
・顔以外(手などの皮膚は皮膚の新陳代謝が遅い)はトレチノインの反応が弱い。

ユークロマプラス まとめ

成分には「ハイドロキノン」と「トレンチノイン」の2つの主成分。
前者は「漂白作用」で、後者は新陳代謝を速める成分
ユークロマプラスで治療中は日に当たらないようにすること。
「モメタゾンフランカルボン酸エステル」 成分が炎症やアレルギーを抑える。