「ヒト」プラセントレックスジェルは、人DNAの若返りジェル

プラセントレックスジェルは、美容品として利用されていますが、国内では法律的な問題で動物系(ブタなどDNAを使用)のプラセントレックスのみが流通しております。

「ヒト」プラセントレックス・ジェルは幅広い肌トラブルに使える人間に近い

「ビト」系のプラセントレックスは、人間のDNAを利用している為、動物性のプラセントレックスより、安心してお肌に利用ができるはずです。そして、有効成分のヒトプラセンタには豊富な栄養が含まれており、シミ、しわ、乾燥肌などさまざまな悩ましい肌トラブルに働きます。
幅広い働きで肌トラブルを解消するため、一部ではお肌の万能薬とも呼ばれています。
そんなヒトプラセンタに含まれた成分の中で、特に目立つ存在と言えるのが成長因子です。

成長因子はたんぱく質の一種です。体の細胞を増やす仕組みを活発化させるスイッチのような働きをもっています。
成長因子が肌の細胞に働きかけると、肌のターンオーバーが早まったり、コラーゲンやヒアルロン酸などがたくさん作られます
その結果、古い肌が新しい肌と入れ替わっていき、ハリのある若々しい肌を作る手助けをします。

ヒトプラセンタには成長因子以外にも、アミノ酸、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル、核酸、酵素といった多種多様な栄養が含まれています。
これらの栄養がそれぞれに働き、マルチに働く美容効果を体現しています。

ヒトプラセンタは医療の現場で使われている成分です。

プラセントレックスジェルに含まれたヒトプラセンタ。実は病院や専門クリニックでのみ取り扱われている成分です。

プラセンタにはヒト、ブタ、ウマといった種類があり、それぞれに豊富な栄養が含まれています。その中で医療用に使われているのがヒトプラセンタです。

ヒトプラセンタはヒトの胎盤から抽出された成分であるため、明確に人の体に働きます。そのため、長いあいだ更年期障害や肝機能の治療薬として使われてきました。

肌トラブルの解消にも役立つヒトプラセンタは、積極的に利用していきたい成分と言えます。
その反面、美容目的の場合、保険適用外となるため、費用が高額になりやすい点に注意が必要です。

プラセントレックスジェルは、1日に2~3回肌に塗りましょう。

プラセントレックスジェルを使う時は、1日に2~3回を目安に使います。適量を指に取り、清潔にした肌に直接塗ってください。

肌全体に馴染ませ、塗りムラができないよう円を描くように塗り広げましょう。肌トラブルが気になる場所に部分的に使うこともできますので、自分の状態に合わせて使いましょう。

スキンケア用品と同時に使う場合、化粧水の後にプラセントレックスジェルを塗りましょう。プラセントレックスジェルを塗り終わった後は、必ず手をよく洗い流してください。

プラセントレックスジェルに副作用のリスクはほとんどありません。

プラセントレックスジェルは、副作用の心配がとても低い医薬品です。
有効成分のヒトプラセンタがヒト由来の人間のDNA成分であるため、副作用が発生するリスクはほぼなく、安心して使うことができます。

ただ、ヒトプラセンタには豊富な栄養が含まれている関係で、まれに肌に違和感を感じる方がおります。
肌がかゆくなったり、赤くなるような異変が起きた場合、使用をすぐに中止して医師の診察を受けましょう。

プラセントレックスジェルに併用注意や禁忌は定められていません。

プラセントレックスジェルは、他の医薬品と一緒に使うことができます。

人のDNAを使用している「ヒト」型のプラセントレックスはヒトのDNAを使っているのでアレルギーなども起きにくいジェルです。
これは有効成分のヒトプラセンタに、他の医薬品との併用に注意や禁忌が設けられていないからです。
そのため、他の医薬品やサプリメントをお使いの方でも安心してお使いいただくことができます。

ただ、使っている医薬品やサプリメントによっては、プラセントレックスジェルを使うことに不安を感じる方もおります。
不安を感じる方は、プラセントレックスジェルを使ってもいいか医師に相談するのがいいでしょう。

プラセントレックスジェルを手に入れるには個人輸入の通販を利用します。

プラセントレックスジェルには、とても魅力的な美容効果があります。
しかし、日本では塗り薬として承認されていないため、病院から入手することはできません。
そんなプラセントレックスジェルを入手するには、個人輸入を行える通販を利用する必要があります。

個人輸入は、文字通り海外の商品を個人で輸入することです。個人輸入を利用すれば普通、日本では買えない医薬品であっても法的な問題なく購入できます

通販注文した商品は、直接家に送られてくるため、通院の手間も関係費用を減らすことができます。
ヒトプラセンタをお手頃な価格で入手できる方法として知られています。