ユークロマプラスの効果的な正しい使い方!

ユークロマプラスの3つの成分と効果

年代別 お肌の悩みランキング

 30代の悩み40代の悩み50代の悩み
1位シミシミシワ

2位

ニキビ跡ほうれい線肌のたるみ
3位毛穴の開きシワシミ
4位毛穴の黒ずみ肌のたるみほうれい線
5位ほうれい線ニキビ跡ニキビ跡
6位乾燥毛穴の開き肌のくすみ

「お肌の悩みランキング」では上位にはシミやニキビ跡等がランキングに上がります。
これらの症状へ効果がある「ユークロマプラス」はクリーム系のお手軽に使える美容医薬品。

美白と抗炎症

話題の美白に絶大な効果がある「トレチノイン」と炎症を抑える成分が「プラス」されました。
メラニンの生成を抑制し、シミやニキビ跡の角質の新陳代謝を速め、自己修復能力を高めるお薬です。

以下でユークロマプラスの成分がお肌に「どのような効果」があるか、「使い方」について説明します。

医薬クリームですので使い方さえ守れば安全にご使用いただけます。
肌の表面だけを漂白し白斑(はくはん)になるような漂白剤ではありません。
*ただし、使い方を誤ると白斑が出来る副作用もあります。

美白効果たっぷりなら三越屋

ユークロマプラスの3つの成分と効果

ユークロマプラスの3つの成分と効果

ユークロマプラスは3つの成分を1つにしたので使い方に困らない医薬クリームです。

成分の詳細と購入を検討されている方は、こちらのサイト(三越屋)をご参考下さい。

・成分1:ハイドロキノン(4%)

メラニン生成を抑える

ハイドロキノンはシミの元になる細胞の働きを抑え、メラニンの生成を抑えます
また、強力な漂白作用で皮膚深くにある「シミの原因細胞」まで浸透し作用する。

多くの美容クリームに「ハイドロキノン」が使われているので知名度は高め。

・成分2:トレチノイン

肌の代謝を促進

皮膚のピーリングとターンオーバーを速める効果があり、シミやくすみ、ニキビ跡の角質を確実に代謝させ古い角質を排出してくれます。
お肌への浸透力が優れており一般的な化粧品等と比べて50~100倍の浸透力があります。

トレチノインは古い角質を剥がす(ピーリング)ので、効果が強いので使い方には注意が必要な成分です。

・成分3:モメタゾンフランカルボン酸エステル

炎症、かゆみを抑える

この補助成分には炎症やアレルギー、かゆみを抑える効果があります。



特にトレチノインは肌に刺激が強い成分ですので、炎症等を抑える成分は必須です。

ユークロマプラスの使い方、使用タイミングは?

ユークロマプラスの使い方、使用タイミングは?

使用頻度としては1、2回/日を、目安にして下さい。

使い方は、洗顔から20分位の肌が乾いた状態で使用する。
お肌が敏感な人には効きすぎる可能性がありますので、その場合は化粧水や乳液で保湿してから、ユークロマプラスを塗布する使い方が良いでしょう。

特に注意をしたいのが日光です。
ユークロマプラスの使用中は、お肌の抵抗力が弱くなっており、日光にあたると色素沈着を起こしやすく、シミが出来やすい状態です。
日常的に日光に触れる機会が多い方は外出に際しては日焼け止め対策は必須です。

夏場などの日光の強い季節においては利用をお休みするなど、
例えば、就寝前の入浴後にのみユークロマプラスを塗り、日中は保湿、日焼け止めクリーム等でケアをする、等の使い方をお勧めします。

ユーロクマプラスの副作用は効果がある証拠

効果がある医薬品

ユークロマプラスは「化粧品」の分類ではありません。
医学的な根拠の元に、お肌のシミやくすみ、ニキビ跡を無くす成分が配合されているのが「医薬品」です。
普段、ご利用の「化粧品」や「医学部外品」とは異なり、効果が強いため、副作用への配慮が必要です。

そもそも、「化粧品は2つの基準」があります。
①治療する為の物であってはならない。
②効くものであってはならない。

ユークロマプラスの副作用としては、「赤み、痒み、白斑(はくはん)」
*白斑とは、部分的に肌が白くダマになって目立つ。
副作用については本当に個人差がありますので、目立たない部分(二の腕の内側等)で試してみましょう。
問題ければ、お肌の小さな範囲から始め、少しづつ範囲、回数を調整していくと良いです。

効果が強い分、化粧品等とは違い慎重にご使用ください。

ユークロマプラスの使い方として保存方法は?!

開封後は使い方としては、

①キャップをしっかりと止める。
②日の当たらない涼しい場所で補完(冷蔵庫等が良いでしょう)。

ハイドロキノン、トレチノインの成分は酸化が早いため、保管場所に気を付け、早めに使い切ってください。

成分が酸化し続けると、成分がお肌に良くない成分へ変化してしまいます。
開封後の使用期限は1年を目安としてください。
*未開封状態ですと2~3年の保存が出来ます。商品の使用期限日をご確認下さい。

ユークロマプラスの一般的なFAQ

よくあるご質問にお答えします。

Q:ユークロマプラスの使い方について教えてください。

答え

洗顔後のお肌へ直接使用するのが一番効果的です。
ですが、お肌が弱い方は以下の使い方(順番)が好ましいです。

  • 洗顔の後にお化粧水でお肌を整える。
  • 美容液。
  • ユークロマプラス。
  • 美容クリーム。

の順番が一般的な使い方です。

洗顔後に化粧水等を使わず直接にユークロマプラスを塗る場合は、
お肌が乾燥している状態ですので、クリームの吸収が強すぎる可能性があります。
そのため、効果が高いですが、同時に副作用も強くなる可能性があります。

お肌が刺激に弱い方ですと赤くなり、ヒリヒリとしてくる可能性もあります。
初めは二の腕の内側など目立たない箇所で、お肌とユーロクマプラスの相性を確かめてみると良いでしょう。

Q:オールインワンですか?

アンサー

シミ、くすみ、ニキビ跡消しのオールインワンともいわれてますが、日頃のお肌のお手入れは日ごろお使いの化粧品をお使いください

外出時の日焼け止めクリームも利用する事が推奨されています。

Q:他の化粧品と一緒に使用しても大丈夫ですか?

アンサー

他社の化粧品と併用可能です。
ユークロマプラスの使い方を良く確認の上で化粧品等をご利用ください。

Q:シミ、くすみ、ニキビ跡が気になりますが、どれくらいで効果が出てきますか?

アンサー

個人差がありますが、1週間単位を目安で考えてください。
継続使用し、3ヵ月以上を1クールとして考え、一度ユークロマプラスの使用を止め、お肌を休める使い方が推奨されています。(1週間程度)

継続使用により、ユークロマプラスに対してお肌に免疫が出てくるため、クリームが効きにくくなるようです。

Q:ユークロマプラスを顔全体に塗っても大丈夫でしょうか?

アンサー

ユークロマプラスを顔全体に塗るのは避けた方が良いです
初めは気になる箇所だけに使用するのが一番好ましいです。

ユークロマプラスは医薬品です。「医薬部外品」のような補助的な製品ではありません。
効果は高いですが同時に副作用も少なからず発生致します。
使い方を良く確認してご利用ください。

特にユークロマプラスの1つの成分「トレチノイン」はお肌のターンオーバーを速める効果として「薄皮むけ」を引き起こします。

敏感肌の人はヒリヒリする場合もあります。ですので顔全体に使用すると「ヒリヒリ」が痛みに変わりかねません。なりかねません。
ですので、顔全体に塗る使い方は避けてください。

ターンオーバーとは、以下のように28日周期でお肌の新陳代謝が繰り返される事をいいます。

ターンオーバーとは?

Q:ユークロマプラスは必ず皮むけし、ヒリヒリしますか?

アンサー

ユークロマプラスを使用し、皮むけをしてもヒリヒリ(副作用)されない方もいます。
使い方にもよりますが、やはり相性があるようです。

例えば、 「一時的に皮むけでポロポロはがれる」等でユークロマプラスが効果(副作用)が著しい方もおられます。
肌質が硬い方もなどで、皮むけをしない方は効果を感じにくいようです。その場合は塗布頻度を増やしたり、洗顔後に直接使用するなど、お肌の状況に応じてユークロマプラスの使い方を検討してください。

Q:ユークロマプラスは化粧品ですか?

アンサー

ユークロマプラスは医薬品です。
歯磨き粉や化粧品のような一般的な医薬部外品や化粧品ではありません。
臨床試験で効果、効能が証明された安全なお薬です。

化粧品は「治療するもの」、「効くもの」であっては「ならない」という基準があります。

ですが、ユークロマプラスは「治療するもの」「効くもの」の基準のお薬です。
美白、皮むけの効果は高いですが効きすぎる等の副作用もありますので、ご利用には使い方へ注意をして下さい。

ユークロマプラスまとめ

効果ある使い方を良く確認する。

治療中は日焼け止めクリームで弱っているお肌を保護する。

医薬品ですので使い方、注意点を守って安全にご利用ください。