ユークロマプラスをニキビ跡へ使用するなら!副作用と対策

皮膚科不要なニキビ薬 ユークロマプラス

ユークロマプラスは「シミ、そばかす」へ大変有効な医薬クリームですが、ニキビ跡へも有効なのをご存知でしょうか?

ニキビには様々な原因があります。
事後対策で有効はユークロマプラスは「ニキビ跡」を消す効果があります。
*医薬成分として効果があるされています。


他の医薬クリームを併用するとより効果的ですので、用途にあった使い方をする必要があります。

以下で詳細に説明します。

皮膚科いらずのユークロマプラスで「ニキビ跡」も消しちゃいましょう!

肌にボツボツ出来ている吹き出物に対して、
ユークロマプラスには2つの成分(「ハイドロキノン」と「トレチノイン」)があります。そのうちの一つの

成分1:「トレンチノイン」

この成分が肌のピーリング効果が非常に強くあります。
ニキビ跡の皮膚を半ば強制的にはがれ落とし、肌の再生を早めます。

* ユークロマプラスの美白効果の詳細は記事を参考下さい。

お肌は若い時は放置しておいても自然に新陳代謝で古い角質(ニキビ跡)が新しい肌への入れ替えが行われてました。
ですが、当時、もっとお肌のお手入れをしていれば、、、と後悔されてるでしょう。

ちなみに、ユークロマプラスの成分の1つの「ハイドロキノン」は、

シミの原因であるメラニン色素の生産を阻害し、メラノサイトそのものの数を減少させます。

肌の漂白剤ともいわれ、肌のシミ改善につながります。

ニキビ跡への最も有効な、もう一つの成分の 「トレンチノイン」を以下で紹介。

メラニン色素の生産を阻害する

ニキビ跡が残りやすい人のお肌の特徴

若い頃とは違う肌

思春期の時のお肌の代謝が活発な時に後になる前に皮膚の入れ替わりが自然に起こります。
ですが、ニキビが残りやすい方は、そのお肌の新陳代謝が活発な時に、残念ですがニキビの発生も活発だったのでしょう。

ユークロマプラスはその新陳代謝を促す働きがありますので、再度、若い頃のように肌の再生が可能となります。


この働きはユークロプラスの主成分の一つの「トレンチノイン」なのです。

医薬的に効果が証明されている成分ですが、少し副作用が強い塗り薬で扱いには注意が必要です。 古い問題のある角質をはがれ落とし、お肌を自然な新陳代謝で良い状態へ改善する事できます。

強い薬ですので副作用が少し強いですが、その分、お肌の改善効果が非常に高いです。

ユークロマプラスの補助成分には、「モメタゾンフランカルボン酸エステル」

モメタゾンフランカルボン酸エステル

補助成分「モメタゾンフランカルボン酸エステル」には、抗炎症作用がありますので、かゆみ、赤みや炎症も穏やかにし、ニキビ跡にも最適なのです。

皮膚科でも扱われている成分


ユークロマプラスの成分は皮膚科で処方されるクリーム薬と同成分です。

パッケージが異なるだけで中身は同じです。

ですが考慮点としては、ユークマプラスはニキビ原因のアクネ菌の殺菌はされません。
対策として以下で述べますが、ニキビの状態によってお薬を使い分けると良いでしょう。

ユークロマプラスはニキビに対して大変有効です。

使い方としの注意点

としてはお肌の状況に応じて2つのタイプに分かれます。

①お肌が刺激に弱い方:

ユークロマプラスの成分でヒリヒリする可能性があります。

対応方法:
  • 洗顔後(良く泡立ってお肌に刺激を与えないように)
  • 化粧水などのクリームを使用
  • その後にユークロマプラスを使用
    *絶対に顔全体には塗らないでください。

②お肌が強い方:

 ユークロマプラスを使っても、お肌のピーリング(皮膚がはがれてくる)作用が無い場合

対応方法:
  • 洗顔後(良く泡立ってお肌に刺激を与えないように)
  • ユークロマプラスを使用(お肌の乾燥後に塗ると成分吸収されやすくなり効果的)
  • 化粧水などのクリームはユークロプラスを塗った個所を避けてご使用ください。

ニキビにはどんなのがあるか?(ニキビの根本対策)

ニキビ跡を消すのも大切ですが、ニキビが出来る根本の理由がある事を認識してください。

ニキビには2つの種類に大別できます。

「色(赤、黄、黒)ニキビ」と「白ニキビ」

「色(赤、黄、黒)ニキビ」と「白ニキビ」

まずは、

「白ニキビ」が軽度な状態です。

毛穴が詰まり、ニキビ菌がたまっている状態です。

次に

「色ニキビ」が重度な状態です。

白ニキビ同様に毛穴にニキビ菌がたまり、毛穴の見える箇所で色の変化を起こしています。

特に「赤ニキビ」は炎症を起こしているので見た目が目立つニキビ跡になります。

重要な点は毛穴が詰まっているために皮脂が排出できなく、次第に炎症が起きてくる状態です。

そして、ユークロマプラスのピーリング効果で毛穴のつまりも除去できます。

2つのクリームの使い分けの提案

ユークロマプラスは古い肌の新陳代謝を高める効果が高いクリームです。

ユークロマプラスは皮膚をピーリングしますのでニキビの原因の毛穴のつまりも改善出来ます。

ですが、ユークロマプラスにはニキビ菌の除菌が出来ません。

ニキビが現在も進行形の方には、お薬がおすすめです。

現在もニキビの発生が止まらない方は、以下がより効果的です。
ニキビ菌の殺菌作用があるのが以下になります。
現在もニキビが新たに発生多発している方には、ニキビ菌を殺菌できる以下のベンザック医薬クリームがおすすめです。

デメリット:値段が高くなってしまうのが難点です。
       ユークロマプラスのメラニン色素の発生を抑える成分はありません。

*ニキビ治療専用と考えた方がよいクリームです。

特に赤ニキビに焦点を当ててお話をしますが、他の黒、黄ニキビにも効果があります。

使い方:
  • 赤ニキビには上記紹介のベンザッククリームを使用する。
     *早めにニキビ菌を殺菌をする事でより早く赤ニキビの炎症を抑えられる
  • 白ニキビにはユークロマプラスを使用する。
     *色素が定着した肌をピーリング&毛穴のつまりを改善した箇所を使用。

ニキビの発生は一段落後のニキビ跡の対策にはユーロクマプラス

発生中ニキビの対策には上記紹介のベンザッククリーム

第二医薬品にも以下のような化膿を抑えるクリームがありますが、ピーリング効果もなく、殺菌効果も低いです。   

【指定第2類医薬品】テラ・コートリル軟膏a 6g
【指定第2類医薬品】テラ・コートリル軟膏a 6gが皮膚用治療薬ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

ユークロマプラスは三越屋ではいくら?

ユークロマプラスクリームはバラで買うより、まとめ買いがお得です!

本数三越屋-価格くすりエクスプレス-価格ベスト健康-価格
1本 1,350円(1,350円/本) 3,339円(3,339円/本) 3,275円(3,275円/本)
3本 2,960円(987円/本) 4,809円(1,603円/本) 4,716円(1,572円/本)
7本 4,690円(782円/本) 7,644円(1,092円/本) 7,497円(1,071円/本)
10本 7,150円(715円/本) 9,630円(963円/本) 9,810円(981円/本)

 1本あたり15gですが、部分的に使用するならば1ヵ月十分持ちます。

顔以外でも使用したい場合は複数本の購入すれば更にお買い得です。

根本原因の一つはホルモンバラス

以下は女性向けの情報になります。

ユークロマプラスなどの事後対策ではなく、大元(おおもと)の原因を排除する事も必要でしょう。

女性のホルモンバランスが原因でのニキビにおいては、

以下での対策で95%の方に効果的と言われています。

  • 低用量ピル
  • 抗男性ホルモン薬

これらは、女性向けの対処法ですが、女性特有のホルモンバランスの異常が原因の場合には一番有効な方法です。

*ホルモンのバランス異常になると皮脂の分泌を促す2つのホルモン(男性ホルモンとプロゲステロン)が多く分泌されるようになります。
これによりニキビが増加します。

ニキビの原因として生理、女性ホルモンが影響している事には大変有効な手段です。

低用量ピルのお勧めの理由

原因別ニキビ

ニキビが出来る原因としては、箇所によってさまざまです。
多くの場合において、ホルモン状況が影響しています。

低用量ピルをすすめる2つの理由としては

日ごろからお肌の清潔に保っているのに、食生活もバランスが良い状態なのに、、、、

ニキビの発生が止まらないのでしたら原因はホルモンバランスが崩れているのでしょう。

ニキビの原因となる2つのホルモン(男性ホルモンとプロゲステロン)を抑える。

低用量ピルは避妊薬ですが、ホルモンバランスを整える作用もあります。

低用量ピルがニキビに効く仕組み

低用量ピルを服用
☑ホルモンバラスが調整されていく
☑男性ホルモン、プロゲステロンの分泌が抑えられていく
☑皮脂が出にくくなる
☑毛穴詰まりが起きにくくなる

ニキビが出来ない!

②海外のジェネリック薬品で安価に始められるところです。

ジェネリックですので安全性は新薬より長い実績がありますので、非常に安心して服用が続けられます。
根本対策の一つですので皮膚科の先生はあまり勧めない方法です。
低用量ピルとユークロマプラスを併用すれば完治の可能性が高いので皮膚科の先生は商売が上がったりにますね。

副作用としての「がん系」の考慮が必要ですので、定期検診はお忘れなく。

また、普段の食生活では、脂分や刺激物が多い食事を避ける事も大切です。