低用量ピル(ノベロン)のホルモン治療でニキビを防ぐ。

マーベロン ジェネリック「ノベロン」

特に目新しい情報ではありませんが、「ニキビ」は「低用量ピル」の服用で改善できます。

「ピル」というと避妊薬ですが副次的な効果としてニキビを改善出来ます。
特に目新しい情報ではなく、クリニック等でもニキビ治療としてピルをしようする治療が行わています。
ピルという副作用で吐き気等が気になりますが、「低用量」ピルを選択されれば悩まされる副作用の発生頻度は凄く低いようです。

この記事では以下をご案内します。

☑どのようにニキビが出来るのか?
☑通販でも購入が出来る低用量ピル「ノベロン」
☑ポピュラーなピル「マーベロン」のジェネリックが「ノベロン」

美白効果たっぷりなら三越屋
ネット通販ならば三越屋から

ニキビ対策はお肌のケアよりも原因排除が重要

お肌のケアも大切ですが、高価な洗顔料、化粧水を使用しても、あまり効果が無いのではないでしょうか?
結局、ニキビの原因はお肌の表面よりも身体内部で女性的に発生する要因が大きいからです。

「ノベロン」は低用量ピルで、ホルモン調整をすることでニキビの原因を排除できる。

ノベロンは「マーベロン」のジェネリック薬品ですので、通院せずに安価に入手が出来ます。

女性ならば、ホルモノの影響でニキビが出来やすくなるのは実感しているはずですね。

一般的にホルモンバランスを崩す原因。
ノベロンは黄体ホルモンの抑制をします。

一般的にホルモンバランスを崩す原因。

食事バランス、ストレス、睡眠、運動不足等、生活習慣で、これ以外にも
人生の区切り等としの更年期、妊娠、出産、等も原因になりますね。

ホルモンが過剰分泌しやすい状態になっているので、それを調整するお薬が「ノベロン」低用量ピルになります。

ホルモンバランスを崩すとニキビが出来やすい肌へ

ホルモンバランスが乱れた時に、ニキビが出来やすい肌になるのは以下のような要因です。

・「男性ホルモン」が優位(強く)なります。

皮脂の分泌量が通常の2倍以上に増加します。

女性において、男性ホルモンが強く分泌されるようになると、

皮脂の分泌量が通常の2倍以上に増加します。

また、男性ホルモンだけでなく「黄体ホルモン」も同様に皮脂の分泌を増やします。

皮脂の分泌量の増大の影響は、
男性は女性に比べて皮膚のキメも粗く、皮脂量も多いので皮脂が多くても影響はありません。
ですが、
女性の場合は男性と同じように皮脂分泌となると皮脂の処理が仕切れなくなり肌の状況が悪化します。

そのため、男性ホルモンにより増加した皮脂は、、

☑処理しきれなくなった皮脂は毛穴につまる。
☑ニキビが発生しやすい皮膚の状態になります。

卵胞(女性)ホルモン(エストロゲン)の分泌も皮脂の増加をします。

男性ホルモンで皮脂の分泌増加に伴いアクネ菌の増加を招くことを説明しました。

皮脂の増加の要因には卵胞ホルモン(一般名称:女性ホルモン)の皮脂の分泌増加を促します。

卵黄、女性ホルモン(エストロゲン)分泌推移
卵黄、女性ホルモン(エストロゲン)分泌推移表

「ノベロン」が大人ニキビに効果的と言われている理由として、

「成熟期」の大人において卵胞(女性)ホルモンの分泌増加が分かるかと思います。

卵胞ホルモンは、
☑女性ホルモンのひとつ。
☑生理前に分泌される事で、妊娠を助けるほか、皮脂の分泌を増やす働きがある。

低用量ピルで皮脂の分泌を抑える!

低用量ピルでニキビ肌の改善

「ホルモン(卵胞、男性)」がお肌の皮脂の分泌を活性化してしまう事で、

毛穴に詰まった皮脂がアクネ菌を増殖させニキビを発生させることが分かったかと思います。

ここで「ノベロン」のような低用量ピルは、
本来は避妊の目的のお薬ではありますが、結果としてホルモン (黄体、男性) の活動を抑制する働きにより、皮脂の分泌を抑え、ニキビの発生を減少させます。

*「ノベロン」とは別に「男性ホルモン」を強力に抑える 抗男性ホルモン薬もありますが、
ここでは、比較的副作用が少なく安全で安価に初められる「ノベロン」をご紹介しております。

低用量ピル(ノベロン)ならば副作用も安心

ピル服用経験の方は副作用の「めまい」「吐き気」「体重増加」、逆にニキビが酷(ひど)くなる、等の症状がが気になるかと思います。

ですが、低用量ピルは、このような副作用の頻度が極めて小さいです。

低用量ピルのメリットとデメリット

低用量ピル服用による【メリット】と【デメリット】を上げます。

低用量ピル服用による【メリット】と【デメリット】を上げます。

【メリット】

・一般的な
ニキビの改善、月経困難症(月経痛)の軽減、月経不順や月経過多の改善 、卵巣がんの発症率の低下、子宮体部癌の発症予防、 月経前症候群(PMS)の緩和 、子宮内膜症の治療、等

・避妊
  99.9%の避妊率(コンドームの避妊率は約80%)。

・乳がんの発生率
 以前は避妊用ピルは乳がん発生率が多少上がると言われていました。
 近年の低用量ピルは逆に発生率を下げると報告されています。

・子宮年齢の老化軽減
  無排卵月経状態となるので、子宮年齢の老化の軽減 。

【デメリット】

・血栓症
海外の文献では血栓症のリスクがあると言われています。(血栓をサラサラにするお薬もあります。)
 ごくまれに血栓の病気を悪化させたり、その引き金となる場合があります。
*喫煙歴のある方に発生しやすい良いです。

・浮腫(むく)み、吐き気、乳房の張り
 低用量ピルの場合は、これらが起きにくくなっています。
  *飲みはじめに起こる場合がある症状です、2、3ヵ月位で身体が慣れてくるようです。

ノベロン(低用量ピル)のまとめ

・低用量ピルも低いながらも副作用は気になるところです。
ですが、それ以上に多くのメリットがある事に気づくかと思います。

・安価で始める事が出来る。
   *心配でしたら初めは産婦人科等で診察を受けてからマーベロンのジェネリック「ノベロン」を選択するのも良いかと思います。

美白効果たっぷりなら三越屋

お勧め記事 ⇒ ユークロマプラスでシミ、ニキビ跡除去が医薬効果証明された驚きの効能!