皮膚科と同じピルでニキビを除去・改善

マーベロン ジェネリック「ノベロン」

皮膚科でピルが貰え、その副次的な効果でニキビの除去、改善が出来る事は良く知られています。

このピルとは避妊用の低用の成分のピルで、服用によりコンドームの使用が無くても避妊が出来るというお薬です。
そして、このピルは避妊だけの作用ではなくホルモンのバランスを調整をしてくれることで、ニキビが起きやすいお肌状態を改善してくれます。

ノベロンは通販できる皮膚科処方と同じ「低用量ピル」でホルモン乱れを改善してお肌を状態を良くします。

値用量ピルは保険適用が出来ないので、避妊だけでなく美容向けに利用するにしても、お金がかかる所がデメリットでしたが、通販ジェネリック品のノベロンならば777円で購入が出来ます。

美容クリニックでもお肌の改善に積極的に使用される低用量ピルとしてノベロンが効果的です。

一昔前のピルは副作用が強く吐き気が強くでてしまう人がいましたが、近年の低量ピルは副作用も少なくお手軽に、安全にご利用できるようなっています。

低用量ピル(ノベロン)ならば皮膚科処方と同じで副作用も安心

ピル服用は副作用の「めまい」「吐き気」「体重増加」、逆にニキビが酷(ひど)くなる、等の症状がが気になるかと思いますが、ノベロンはピルの中でも成分用量が少なく(低用量)となっており、しかも安全な成分が使用されていますので安心してご利用頂けますね。

ノベロンのニキビ改善のメリットとデメリット

低用量ピルはお薬ですのでメリットとしての効果は高いのですが、多少デメリットもある事を知っておいて適切にご利用いただく事をお願い致します。

低用量ピル服用による【メリット】と【デメリット】を上げます。
美容系クリニックでは低量量ピルが処方されています。(参照:三越屋)

ノベロンでのニキビ改善の【メリット】と【デメリット】

メリット

・一般的なメリット
ニキビの改善、月経困難症(月経痛)の軽減、月経不順や月経過多の改善 、卵巣がんの発症率の低下、子宮体部癌の発症予防、 月経前症候群(PMS)の緩和 、子宮内膜症の治療、等

・避妊
  99.9%の避妊率(コンドームの避妊率は約80%)。
   *疑似的な妊娠状態となり排卵を止めます。

・乳がんの発生率
 近年の低用量ピルは乳がんの発生率を下げると報告されています。

・子宮年齢の老化軽減
  無排卵月経状態となるので、子宮年齢の老化の軽減 。

デメリット

・血栓症
海外の文献では血栓症のリスクがあると言われています。(血栓をサラサラにするお薬もあります。)
 ごくまれに血栓の病気を悪化させたり、その引き金となる場合があります。
*喫煙歴のある方に発生しやすい良いです。(ノベロン使用中は禁煙を)

・浮腫(むく)み、吐き気、乳房の張り
 低用量ピルの場合は、これらが起きにくくなっています。
  *飲みはじめに起こる場合がある症状です、2、3ヵ月位で身体が慣れてきます。

美容系クリニックでも積極的にピルでニキビケアがされています。

ノベロンなら個人輸入の三越屋で!
ノベロンなら個人輸入の三越屋で!

ニキビ対策はお肌のケアよりノベロンでホルモン調整

肌荒れの原因はホルモンバランスの崩れ
肌荒れの原因はホルモンバランスの崩れ

お肌の状態が悪いので高額な洗顔料や化粧品を使いづけている、生理中はニキビが出てきてします。
肌荒れで人と会うのが嫌になり、ストレスを感じで更にお肌の状態が悪くなってませんか?

色々な対策をしてきましたが、効果をあまり感じてないのではないでしょうか。
結局、根本的な原因であるホルモン異常が原因となっていれば、どんなに高額な化粧品を使用しても、効果は見えないようです。

まずは、ノベロンにてホルモンの調整をしてお肌の改善をしてみませんか?

「ノベロン」は異常なホルモン調整でニキビの原因を排除できる。

「ノベロン」は「マーベロン」ジェネリックで、同じ成分・効果で、海外通販が安価に可能です。通院不要ですので大変便利ですね。

ホルモンといっても具体的には「卵胞ホルモン」「黄体ホルモン」とが影響しています。
これらをノベロンで調整する事でお肌が汚れていようがニキビの発生原因の一つが抑制されます。

一般的にホルモンバランスを崩す原因。
ノベロンは黄体ホルモンの抑制をします。

ホルモンバランスを崩す原因。

一般的には、食事バランス、ストレス、睡眠、運動不足等、生活習慣等が影響しホルモンのバランスが崩れます。
その他、更年期、妊娠、出産、等も原因になりますね。
女性の人生のイベント時にホルモンが過剰、異常分泌しやすい状態になるようです。

ホルモンバランスを崩すとニキビが出来やすい肌へ

ホルモンバランスが乱れた時に、ニキビが出やすい肌は以下のような要因です。

・「男性ホルモン」が優位(強く)なります。

皮脂の分泌量が通常の2倍以上に増加します。
皮脂が増加でニキビが発生しやすいお肌に!

女性も男性ホルモンが分泌され、ホルモン異常時には皮脂の分泌量が通常の2倍以上に増加します。
また、男性ホルモンだけでなく「黄体ホルモン」も同様に皮脂の分泌を増やします。

皮脂の分泌量増大の影響は、
男性は女性に比べて皮膚のキメも粗く、皮脂量も多いので皮脂が多くても影響は少ない。

ですが、女性の場合は男性と同様な皮脂分泌ですと皮脂の処理が追い付かなくなり肌の状況が悪化します。

そのため、男性(黄体)ホルモンにより増加した皮脂では、

処理しきれなくなった皮脂は毛穴につまる。
ニキビが発生しやすい皮膚の状態になります。
皮脂がつまる事で炎症の原因になる「アクネ菌」が増殖する。

卵胞(女性)ホルモン(エストロゲン)の分泌も皮脂の増加をします。

皮脂増加よりニキビ炎症の原因にアクネ菌が関係します。

卵黄、女性ホルモン(エストロゲン)分泌推移
卵黄、女性ホルモン(エストロゲン)分泌推移表

図のようにホルモンの分泌量の変化が分かるかと思います。
「ノベロン」が大人ニキビに効果的と言われている理由として、
「成熟期」の大人において卵胞(女性)ホルモンの分泌増大が分かるかと思います。

卵胞ホルモンは、
女性ホルモンのひとつ。
生理前に分泌される事で、妊娠を助けるほか、皮脂の分泌を増やす働きがある。
生活習慣や体質も問題でホルモン分泌に乱れが起きる。

ノベロン(低用量ピル)のまとめ

・低用量ピルも低いながらも副作用は気になるところです。
ですが、それ以上に多くのメリットがある事に気づくかと思います。

・安価で始める事が出来る。
   *心配でしたら初めは産婦人科等で診察を受けてからマーベロンのジェネリック「ノベロン」を選択するのも良いかと思います。

美白効果たっぷりなら三越屋

お勧め記事 ⇒ ユークロマプラスでシミ、ニキビ跡除去が医薬効果証明された驚きの効能!

参考資料:
Tretinoin(トレチノイン)- wikipedia
Hydroquinone(ハイドロキノン)‐ wikipedia
Mometasone(モメタゾン)- wikipedia

エストロゲン- wikipedia
テストステロン – wikipedia