28日使用で乳首の気になる黒ずみをピンクにする方法。

黒ずみ乳首とさようなら!

乳頭乳輪の色合いも重要な部分がないでしょうか。

バストの美しさを決定づける要因の1つとして「乳首の大きさや色調」が大切です。

ユークロマプラスはお顔のシミ取り等では有名ですが、
乳首をピンクにする効果、方法はあまり知られていないようです。

非常にデリケートな部分なので友人同士での口コミになりにくいのでしょう。

ユークロマプラスはお体の濃い色素を取り除くのに効果的です。
効果が証明されている医薬品ですが使用上の注意をしっかりと守りご利用が必要です。

乳首美白も有効なユーロクマプラスとは?

海外では入れ墨の除去へも使用されるほど効果的な成分が含まれている医薬品です。 配合されています成分と作用は以下のようになります。
一般的には一番効果が期待できるお顔に利用されます。

画像はイメージ図です。効果には個人差があります。

ユークロマプラスの配合成分とそれぞれの主な効果

成分名配合量作用
ハイドロキノン4% シミの生成を抑える(市販品でも入手できる成分)
トレンチノイン0.025%シミの角質を除去(日本では入手できない医薬成分)
モメタゾンフランカルボン酸0.1%炎症、痒みを抑える

なぜ、乳首が濃くなるのか?

乳頭乳輪の利用を考えている方に私は色黒だから効果が無いのでは?
確かに先天的に色素が濃い方がいらっしゃいますが、以下のような方には効果が期待できます。
乳首となると新陳代謝があまり活発でない方もいますが、活発にしてあげれば大きな改善が期待できます。

思春期以降に色が濃くなる場合

乳首の色調は思春期以降の女性ホルモンの影響や、下着で繰り返し摩擦を受けたりして炎症後の色素沈着を起こしやすい敏感な部分であります。
幼いころにサイズの合わない下着をつけ部活動に勤しんだ方などは、このような炎症後の色素沈着で色が濃い場合が多いようです。

特に日本人のような黄色人種の女性の乳首は濃い色調である傾向があります。

年齢を重ね新陳代謝が遅くなる

乳首が黒ずんでくる原因としては、年齢とともに新陳代謝が遅くなる。
しかし、年齢とともにメラニン色素の生成が抑えられますので最終的にピンク色に変化していきます。

妊娠や出産に伴い

妊娠や出産を経験時にメラニン色素細胞が刺激され、色素の沈着が起きやすくなるようです。また、授乳においても赤ちゃんの授乳から体を守るためにメラニン色素細胞が多く発生しているようです。

様々な原因がありますが、どれもメラニン色素が細胞に沈着してし、新陳代謝が追い付いていないかもしれません。

シミ取りの様々な方法の比較

黒ずみを除去法には幾つかの方法があります。
最近の医療技術は発展していますので、適切なクリニック等ならば問題なく悩みを解決できるかもしれませんので、美容整形クリニックなどでと比較が出来ると良いかもしれません。

技術危惧する点費用
ケミカルピーリングユークロマプラスのような薬用クリームを使用する。
長期間使用する必要があります。
非常に安価
タトゥー(白、ピンク)即効性がありますが、色調が不自然。
痛みが伴う。
高価
レーザ処理脱色素、形が崩れたり、傷が残る後遺症の危険性あり。
斑(まだら)に色が落ちてしまう場合がある。
高価

ユークロマプラスの補足説明

ユークロマプラスに配合されている「トレンチノイン」は、

表皮角化細胞を増殖させ、表皮のターンオーバーを速める事により、表皮内のメラニン顆粒を排出作用がある。ターンオーバーが早まると角質の乖離(ボロボロ落ちる)が継続して発生します。

ターンオーバーの作用とは

表皮の細胞は表皮の一番深い層(地底層)で生まれてから、徐々に表面に押し上げられてきます。これがやがて角質となり、最後は垢となって皮膚から剥がれます。

この一連の流れが皮膚のターンオーバーと言います。 通常は約4週間周期で繰り返されます。(28日)

ターンオーバーで角質を押し上げる
ユークロマプラスはターンオーバーを強力にサポートします。

皮膚深くにあるメラニン色素を排出できる成分(トレンチノイン)

多くの皮膚のシミは、表皮の地底層にあるメラニン色素が付着しています。
これは乳首においても同様です。
地底層にはメラノサイトと呼ばれるメラニンを作る細胞があります。
ユークロマプラスには、このメラニン色素を新しく作る量を減らす働く成分が含まれています。

ユークロプラスには2つ成分+1成分(デリケートな部分には重要)

ユークロマプラスには「ハイドロキノン」と「トレンチノイン」の成分が含まれておりますが、

ハイドロキノン自体にはターンオーバを速める働きはありませんが、
「トレンチノイン」にはターンオーバーを速める作用があります。

また、配合されています「モメタゾンフランカルボン酸エステル」には炎症を抑える働きがありますので、女性の敏感な箇所への使用には重要な成分になります。

乳首へのユーロクマプラスの塗布後の経過

塗布を始めると2,3日ほど経つと塗ったところと、その周辺から皮膚ばボロボロと剥け、紅くなります。刺激を受けるとヒリヒリする場合があります。
この反応はトレンチノインを使用した場合は必ず出てくる反応です。

ユークロマプラスの使用を中止すれば徐々に回復します。

皮がむけ始めても無理にむかず、自然にはがれ落ちるのを待ってください。

日ごろ、乳首が乾燥しやすい方は化粧水などで小まめに水分補給をして下さい。
油分の多いクリームのとユークロマプラスの併用では効果が半減する可能性があります。
ビタミンC誘導体(配合)の化粧水を使用なども考慮に入れると良いでしょう。

乳首への使用上の注意

ユークロマプラスを使用中はお肌が大変敏感で乾燥しやすくなっています。
活動時はユークロマプラスを使用せず保水クリームなどを塗るなどで保護すると良いでしょう。
活動時には下着等の刺激を受けるますので、刺激を受けないような工夫が必要でしょう。
また、彼氏との行為時にも痛みを受けやすいので事前に説明は必須です。

トレンチノインがいかに乳首に効果あるのか?

トレンチノインの皮膚(乳首)への作用は以下のようになります。

  • 角質をはがす。(効果が高く発揮されますと皮膚がボロボロ落ちていきます。)
     塗布後、2,3日経つと皮膚がボロボロとむけ、紅くなってきます。
  • 表皮の細胞の分裂、増殖させことで皮膚の再生を促します。
  • 皮脂腺と皮脂分泌を抑える働きがあります。
  • 皮膚全体でコラーゲンの分泌を高め、長期使用で皮膚の張り、小じわの改善になり形の良い状態になります。
  • 表皮内でのヒアルロン酸などの粘液物質の分泌を高め、皮膚をみずみずしくします。

乳首への基本的な使用方法

乳首への基本的な使用方法

ユークロマプラスを使用中は皮膚の抵抗力が非常に弱くなっています。

デリケートな乳首への使用ですので無理をしないようにお願いします。

  1. 入浴時は垢すりなどで擦らないように、石鹸を泡立てて優しく洗ってください。
  2. 化粧水など刺激の少ないモノで適度に保護してください。
      油分が多いと効果が半減の場合があります。
  3. ユークロマプラスを綿棒などで薄く塗り、乾かします。(1,2分)
     乳首への使用は日中活動をしない時に使用する。
    ・作用が強く感じる場合は1回/日(最大2回/日)。
    ・脱色したい箇所だけに塗布して乳首からはみ出さないようにしてください。
    ・刺激が強い場合は油分の多い化粧水を先に塗るか、使用を中止してください。

ユークロマプラスの効果には個人差があります。

ユークロマプラスの効果は個人差があります。

皮膚の状態や刺激への耐性の程度など個人差が大きい所があります。

比較的に刺激が少ない方法ですが、皮膚の状態によっては塗布した場合に痒み等を伴う場合があります。

初めて使う方は腕の裏辺りでテストを行うと良いでしょう。

問題なければ脱色したい部分に塗布してください。

ユークロマプラスには炎症や痒みの防止成分が含まれていますが塗布前には清潔な状態でご利用ください。

効果、刺激が強い場合の対処

乳頭乳輪への使用ですので、特に敏感の方がいらっしゃいます。
通常は洗浄後に直接にユークロマプラスを塗ります。(油分があるクリームなどを使用しない)
*効果が半減します。
ですが、強く刺激を感じる場合は化粧水やクリームなど油分のあるもの少量塗り刺激を調整してみてください。

白斑ができないように微調整が必要

白く斑(まだら)が出来ないためにもユークロマプラスを塗る範囲の微調整を行ってください。
個人差によっては部分的に早く濃度が薄くなる箇所がありますので、早く色落ちしてきた部分は塗る頻度を少なくするなどの調整が必要です。

毎回、いきなり全体に塗るのではなく、全体的に色落ちできるように綿棒などでの塗布箇所の調節も必要です。

ユークロマプラス使用中の注意点

妊婦、授乳中の方はしようしない。

・妊娠する可能性のある方は使用しない(奇形が生まれる可能性がある。)

ユークロマの成分(トレンチノイン)は動物実験における大量内服投与によって奇形が生まれる結果が出ています。
この実験は服用の場合で外用の場合は問題がないとされています。

ですが、特に乳首への使用の場合は直接、幼児が口にする事になりますので注意が必要です。

ユークロマプラスが使えない方

皮膚に対して何らかの問題をお持ち、又は過去にお持ちだった場合は医師への相談が必要です。

例:
・アレルギーや過敏症の有る方
(ハイドロキノン、トレチノイン、モメタゾンフランカルボン酸に対して)
・皮膚疾患の有る方(火傷等で皮膚に異常、潰瘍、細菌・真菌・スピロヘータ・ウイルス皮膚感染症および動物性皮膚疾患)
・鼓膜に穿孔(せんこう)のある湿疹性外耳道炎の方

ユークロマプラス使用における副作用

主な副作用には、かゆみ、かぶれ、皮が剥ける、色素沈着の悪化、白斑などがあげられます。

上記記述でも注意をしておりますが、途中経過を注意深く確認してください。
無理なく慎重にお時間をかけてご利用ください。
お薬の反応が強いと感じた場合は利用を中止してください。

美白乳首への効果的なトレンチノインの入手方法

ユークロマとユークロマプラス違い

よく薬局等で購入が可能な「ハイドロキノン」クリームに対する間違った記事があります。
トレンチノイン成分が配合された美白クリームは、ドラッグストア及び日本での販売はされていません。
海外輸入代行をご利用で入手してください。

ハイドロキノンは、これから出来るシミなどを抑える効果がありますが、積極的に色素を減らす効果はありません。

トレンチノインはFDAに認可されたお薬です。日本では認可されていません。

海外ネット通販代行を経由する場合は、お値段も殆ど変わりませんので「ユークロマプラス」がおすすめです。

美乳モデル募集中

報酬はありませんが、治療に使用いただくご購入ポイントを差し上げます。

お問合せフォームからご連絡ください。